NVC実践編:ソマティック・エンパシー

〜身体が教えてくれるギフトを受け取る〜

どんな自分もあたたかく包み込む共感脳を育むコース!

週1回2時間の4回コース 28,000円(4〜6人の小規模クラス)

 

NVCの共感を、さらに深めたくないですか?

 

友人のNVC認定トレーナーのサラ・ペイトンから学んだ、深い響きを伴う共感。脳科学と愛着理論(対人神経生物学)を基に、NVCの共感のパワーを紐解きます。

 

私たち自身も、NVC認定トレーナーとして、NVCをどのように伝えたらいいかを日々模索していて、私たちのワークショップやオンライン講座では、対人神経生物学に基づいたNVCの学びの道筋を提示したいと思っています。

 

対人神経生物学からわかることは、共感が関係性や身体性から切り話せる技能ではないということです。

人間の脳や神経系には、共感脳とも呼べる共感を受け取り/与える働きが生来のものとしてあります。人間は本来社会的存在なのです。共感脳は社会脳や社会神経系と昨今呼ばれる部位に属し、身体性を通して場を読み取り、関係性を築くことに深く関わっています。


生来の共感脳が目覚め活性化するために、まずたっぷりと誰かから共感される体験が必要です。共感された体験があってはじめて、NVCの志す世界が見え始めるでしょう。

共感脳は、自らに共感して自らを育むことができます。それが自己共感です。
このコースでは、この自己共感によって共感脳を育む段階にフォーカスし、実践的に日常で自己共感できるようになることを目指します。

そして、自己共感が十分にできるようになると、自然に周りの人にも喜びから共感できるようになります。

 

といっても、、、

 

自己共感すること、自分に対して思いやりを持つこと、難しくないですか?

自己共感しようとしても、頭がグルグルしてしまって、なかなかニーズにつながることができない。そんなもどかしさを感じることはありませんか?


実は、自己共感が難しいのには脳科学的な理由があるんです。
また、左脳と右脳とでは、実は共感のための調整の在り方が違うのです。


どんな自分もあたたかく包み込む共感脳を育て、深い響きで理解するプレゼンスを育むにはどんなNVCを日々実践していくことができるでしょうか?

このコースでは、少人数でたっぷりと共感し合いながら、共感脳を育んでいきます。

 

期待される成果

  • 自分とのつながりを深める
  • 深い響きで理解するプレゼンスと出会う
  • 自分自身に思いやりを持つ
  • 日常のチクっとする出来事にも、自己共感できるようになる

 

コースの流れ

1回目 自己共感はどうして難しいの?
2回目 左脳のニーズと右脳のニーズ
3回目 どんな自分もあたたかく包み込む共感脳
4回目 深い響きで理解するプレゼンスを育む

 

NVC実践編:無意識の服従の渦から自由になる

〜ニーズ意識から日常を生きる〜

服従の渦ー従ってしまうパターンから脱却し自分の活力を取り戻す!

 

週1回2時間の5回コース 30,000円

 

人間関係のしがらみにうんざりしていませんか?

 

NVC認定トレーナーの後藤ゆうこ&後藤剛がNVCの実践編として、日常でNVCを生き、人生を豊かにするコツをお伝します。

会社、家庭、学校など、人が集まる場所には必ず力関係が生じます。そして、その中で、知らず知らずのうちに服従してしまうパターン。普段、無意識に選択していることが力関係の不均衡を長引かせる元になっているのです。

 

「服従の渦」のパターンを知ることで、自分がまさに今どこにいるのか、そして、どうやったらその渦中から抜け出せるのかをNVCをベースにした練習で扱っていきます。

 

 

  
この5回コースでは、服従の渦のパターンに気がつき、そこから抜け出す具体的な練習を各段階ごとに行っていきます。この練習をやっていくうちに、パターンの渦中にいる自分を見極め、瞬時にそこから変化を起こしていく、感覚を身につけていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期待される成果

  • 自分の価値に基づく選択する
  • 「自立」と「お互い様」のバランスをとる
  • 怒りや非難を変容する
  • 健全な関係性を保つ
  • つながりと信頼をあらゆる関係性の中で育む

 

コースの流れ

1回目 NVCでニーズにつながる自己共感

2回目 〜ねばならないを翻訳

3回目 敵のイメージを溶かす(非難からの解放)

4回目 ノーを伝える

5回目 失敗をパワーに変える

後藤ゆうこのパワーウィズ・コミュニケーション

聖なる誓い(契約)
>> 続きを読む

メタファーを使って身体に共感
>> 続きを読む

だだっ子にひたすら共感
>> 続きを読む

個人セッション感想:その2「3歳と5歳のインナーチャイルド」
>> 続きを読む