対立から深いつながりへ〜
二人だけのカップル・リトリート in マウイ島

 

この12月から、マウイ島の自宅でカップルを対象に

「カップル・リトリート」を始めます!!

 

マウイ・リトリートの企画は以前からあったのですが、
どんなテーマでやりたいかが、やっとはっきりしてきました。

マウイはやっぱり、ハートチャクラの島といわれるだけあって

ハートからのコミュニケーションが自然に起こるような
感情が沸き起こる場所。

火の女神ペレの住まうこの島の地球のパワー、
自然豊かな土地のエネルギーの中で、私たちが

カップルの間のさまざまなエネルギーのダイナミクスを

まさにこの場でワークしていく事をイメージしたら

とてもワクワクするものだからでした。

 

マウイ島のノースショア、レインフォーレストの中に

ある我が家で4泊5日のリトリートを行います。

 

リトリート中、カップルのためのセッション
(2時間)を計6回受ける事ができます。


希望によっては別々のヒーリングセッションも可能です。

 

リトリート途中、マウイ島のパワースポット散策を含む

(ハレアカラ火山、ハワイアンの聖地、レビリンス、滝など)
地球のエネルギーを感じながらのワークも計画しています。

(行く場所はお天気や季節によって変わります)

 

オプションで、ターコイズブルーに透き通る海のビーチで
スノーケリングや海水浴をしながらウミガメや熱帯魚と
たわむれることも可能です。!! 

 

そして地元のマーケットやパイアの町を散策・買い物。

マウイ島のエッセンスを味わいながらのカップル・リトリートは

なかなか日常の雑多の中では、触れることのない深い理解を伴う

癒しや変容の絶好のチャンスでしょう。

 

部屋は2人一部屋で、クイーンサイズのベットが用意されています。

 

タイミングが合えば隣の家のNVCトレーナーのジム&ジョリの
クラスに英語で参加したり、一緒にゲームをして遊んだりできる

かもしれません。

 

食事は毎日、日本人のシェフが健康的な料理を提供します。

 

1日目  到着日。カフルイ空港まで車でお迎えに参りますので

     都合のよい時間帯にお越しになってください。

     空港から30分ぐらいで我が家に到着。

     到着後は、リラックスタイム、元気があれば

     近くのビーチでサンセット。

 

2日目  朝食後、セッションスタート。

     1日2回2時間のセッション。

     ランチ、夕食つき。


3日目  2日目と同じ・もしくは下記のプラン

 

3日目  朝食後、パワースポット巡り。ビーチ・ラハイナの街の散策など。

    (この日の夕食は外食となり、この夕食だけは各自の負担になります)

 

4日目  2日目と同じ

5日目  朝食後、カフルイ空港まで車で送迎いたします。

  

 

料金 二人で3800ドル

  

 料金に含まれるもの。

    空港からの送迎。6〜8回のセッション料金。

    パワースポットや街までの送迎。

    宿泊費。1日3回の食事(3日目の夕食をのぞく)

    インターネット使用可。

 料金に含まれないもの。

    日本からマウイ島カフルイ空港までの航空料金。おみやげ代。

    その他、滞在中に個人で使うもの。

 

 持ってくるもの。

    スニーカーなど歩きやすい靴。泳がれる方は水着など。

    寒い時にはおるジャケットやセーターなどの防寒着。

    歯ブラシ、シャンプーなどのアメニティ。

    (バスタオルなどはこちらでご用意します)

    必要な方はおやつやお茶菓子など。

    洗濯機はこちらにありますので、洗濯できます。

 

 セッションの内容は、以下のオプションから相談して決めていきます。

  • カップルでのNVCのクラス
  • NVCミディエーション(調停・仲裁)
  • 服従の渦(NVCのフレームワーク)
  • 脳科学と愛着理論によるカップルのダイナミックスの理解
  • トラウマワーク(深いNVCの共感による)
  • ファミリー・コンステレーション
  • 二元性を統合する鏡のワーク

 

お申し込み・お問い合わせはこちらのメールへ

goyuu★powerwith.jp (★を@に変えてください)

 

楽園マウイで喜びを分かち合えるのを楽しみにしています。

 

Mahalo!!

 

後藤ゆうこのパワーウィズ・コミュニケーション

聖なる誓い(契約)
>> 続きを読む

メタファーを使って身体に共感
>> 続きを読む

だだっ子にひたすら共感
>> 続きを読む

個人セッション感想:その2「3歳と5歳のインナーチャイルド」
>> 続きを読む